2018/11/13

風疹の流行を止めるには

今、風疹が流行しています

こちらのサイトでは様々な情報がまとまっている他、風疹の予防接種を受けていない世代か否か、生年月日から調べることができます。

初期の妊婦さんが風疹にかかと、赤ちゃんの耳や目、心臓などに障害が出るおそれがありますが、ワクチンで防ぐことができる感染症です。

Buzz Feed 2018822日配信
『先天性風疹症候群で亡くなった娘の宿題 同じ思いをする親子を二度と出さないために
ワクチンで防げる感染症なのに、再び流行が始まっている』


風疹は妊娠初期の女性がかかると、お腹の中の赤ちゃんに生まれつきの障害をもたらす危険があります。しかし妊娠中はワクチンを接種することができません。そのため、神奈川県では「風疹撲滅作戦」を実施しており、今年度中は妊娠を希望するご夫婦を対象に無料の風疹抗体検査を実施しています。

受けられる医療機関のリストや詳細については、以下をご参照ください。

[風しんワクチン接種歴の学年・年齢の目安]


一番効率的に予防できる方法は予防接種なのですが、過去の制度が変遷しているので、生まれた年によって予防接種を受けていない世代の方がいて、特に成人がかかりやすい状況になっています。

各自治体では、妊娠を予定・希望している女性とその配偶者は、風疹の予防接種費用の助成が受けられるようになっています。当院の近隣自治体の助成につきましては、以下をご参照ください。

[逗子市]
[鎌倉市]
[葉山町]

11月のお灸教室がありました

11/11(日)はお灸教室@ティアラかまくらでした。

お灸は初めて、予定日が近く、経産婦さんという共通項のある参加者のお2人が、いい質問をたくさんしてくださり、お答えしがいがあり、とても濃い楽しいひとときでした。

「ツボの位置がわからない」「ヤケドしたりしないのかな?」 「どのくらいの熱さまで我慢するのかな?」など、お灸について基本の疑問にお答えしつつ、あとはなるべく参加者の方のその時のニーズに合った内容となるようにしたいと思いながら教室を行っています。

ご感想

  • とても楽しかったです!!ちょっとあついだけが”ポイント”というのが初めて知ったので面白かったです!
  • とっても分かりやすく自宅で今後も続けていく方法も教えて頂き、勉強になりました。ぜひ、続けていきたいと思いました!



次回は12/2(日)10:00からです。
その次は少し空いて3月になりますので、ご興味のある方は、ぜひぜひお越しください。

http://www.tiara-kamakura.or.jp/11月11日(日)【安産のためのお灸教室】がありま/

2018/08/18

珍しいお客様

先日、玄関先でお見送りした患者さんが、外廊下の壁に張り付いたクワガタを発見してくださいました!
子どもがクワガタの観察をしたがり、取りに行こうとせがまれていたのですが、なかなか時間が見つけられずにいたところでして…。

まさかクワガタの方から訪ねて来てくれるとは!
見つけてくださった患者さんに後光が射して見えました!
コクワガタくんは昆虫ゼリーはお口に合わないようで、メープルシロップでおもてなしして我が家に逗留していただいております。
暑さや、連日の台風発生でご体調を崩される方が増えています。夏休み疲れが出る頃、少しゆっくりしながら、乗り切りましょう。



2018/08/02

8年目の感謝

この夏で開院して8年目を迎えることができました。

とても小さな鍼灸治療室ですが、こうして続けてこられたのは、ひとえに来院してくださる患者さん、繋がってくださる地域の医療機関、応援してくれる友人たちのおかげです。

経営能力には全く自信がないままスタートした開業というスタイルですが、振り返ると自分の不甲斐なさはいつも感じるものの、その他のことで嫌な思いをしたことは一度もありません。

患者さんも皆さん魅力的な方ばかり。いつも出会いに感謝しています。

この時代に「鍼灸」がいかほど人の役に立てるのだろうか…と自分の職能を常にシニカルな目で見過ぎている私ですが、徐々に鍼灸師という仕事ができて良かったと思うことが増えてきました。

鍼灸師としては16年目になります。まだまだ成長していきたいと思っています。今後とも何卒よろしくお願い致します。

2018/06/08

大人の女性のためのお灸教室 7/21(土)



お灸をしながら、自分の心身と向き合い、分かち合い、いたわる時間と場をご提供できたらと、お灸サロンを企画しました。お灸の方法と選び方をお伝えし、その時のご体調に最適なツボ処方をいたします。

40歳前後から始まる女性ホルモンが減っていく時期。

ホルモン変化によって心身の内側が揺らぎますし、容姿も変化しそれを受け入れるために時間とエネルギーを要します。

変化の波に飲まれず、溺れず、乗りこなすために、お灸で自律神経を整え、自分に優しく受けとめていけるようお役に立てたらと思っています。

ぜひお待ちしております。

日時 : 2018721日(土)14:00-15:30
会場 野口鍼灸
費用 : 1500 (初回価格)
お申し込み : こちらのフォームに
に、お名前、ご連絡先をお知らせください。


会場の都合上、お子様のスペースがご用意できないため、単身でのご参加をお願いいたします。

2018/05/14

5月病の正体


うららかな季節のイメージの5月ですが、実は、気温差が一番大きい時期です。
爽やかで活動的になりたい、行楽シーズンなのに、いまひとつパワーが出ない、遊んでも後からすごく疲れるなどなど、気持ちと体調が一致しない方も多いのではないでしょうか?

ここ最近は気候の変化が特に大きく、冬のように冷え込む日から、真夏日まで、気温差たるや20度近くあります。

体内をお部屋に例えると、いつも同じ温度、湿度を保とうとしたら、冷房、暖房、加湿機、除湿機フル稼働といったところではないでしょうか?この環境下では、体内環境を維持するのも、エネルギーを使います。

また年度明けで新しい社会環境に適応するのにも、神経を使っているはず、最初の緊張やテンションが緩んで、風邪などを引きやすくなっています。

5月病の正体は、自然環境、社会環境への適応への疲れなのかもしれません。

GWが終わると、しばらく祝祭日もないので、自律神経をうまく働かせ、日々を元気に過ごすには、少し体をいたわりつつ、余力を残しつつ、乗り切りましょう!梅雨前のメンテナンスなど、鍼灸もお気軽にご利用してみてくださいね。

2018/05/10

妊娠を希望されているご夫婦へ

今、麻疹が流行しています。
一番効率的に予防できる方法は予防接種なのですが、過去の制度が変遷しているので、生まれた年によって予防接種を受けていない世代の方がいて、特に成人がかかりやすい状況になっています。1978年に麻疹の予防接種が義務化される以前の生まれの方、また2回接種が義務化される1990年より前の生まれの方は、接種していなかったり、抗体が十分についていない場合があります。

各自治体では、妊娠を予定・希望している女性とその配偶者は、麻疹や風疹の予防接種費用の助成が受けられるようになっています。当院の近隣自治体の助成につきましては、以下をご参照ください。


また、今流行しているのは、麻疹ですが、風疹は妊娠初期の女性がかかると、お腹の中の赤ちゃんに生まれつきの障害をもたらす危険があります。そのため、神奈川県では「風疹撲滅作戦」を実施しており、今年度中は妊娠を希望するご夫婦を対象に無料の風疹抗体検査を実施しています。

受けられる医療機関のリストや詳細については、以下をご参照ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/cnt/f420454/

[風しんワクチン接種歴の学年・年齢の目安]
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/…/kenk…/kenkou/p04299.html

体力があったり、周りの方が予防接種を受けていて昔より流行しなくなったために、これまでかかってこなかった方も多いかと思いますが、ご自分の周りの病気や妊娠中などで予防接種が受けられない方など弱い立場の方を守るためにも、母子手帳などで予防接種歴を確認してみてください。わからない方は抗体があるかを調べたり、ない方は今からでも予防接種を受けてみてはいかがでしょうか?

もちろん予防接種も100%ではありません。それでも大切な人を守る手段として、リスクとベネフィットを天秤にかけてみた上で、ご判断いただけると良いかと思います。ちなみに私は予防接種を受けるか否かを判断する時の指標として、思わぬ天災、事故、大病、政情などで、今の衛生状態、栄養状態、健康状態が崩れた時に自分が後悔しないか…ということを考えています。

また当院で取り扱っているのは鍼灸という古からの技術ですが、古典の医案を紐解くと、人の命や国を守ることは、感染症との戦いは切っても切れないことがわかります。薬やワクチン、外科手術、栄養・衛生環境の向上などは、寿命を伸ばし、新生児死亡率を下げてきました。新しい技術と古い技術、両方ともパーフェクトではないところはありますが、それを補い合い、良いところを使っていくことが大切だと思っています。
野口鍼灸 Noguchi Harikyu 
 
ご予約 080-3125-0705  
診療日 月ー木 9:00-17:00  金 9:00-19:00 日 9:00-15:00 
休診日 土・祝祭日

ゆっくりやわらかな治療を行う女性のための逗子の鍼灸室です